XAMPPでWordPressを使う手順~おすすめ設定も紹介

自分のパソコン(ローカル環境)でWordPressを動かせるXAMPP。その構築方法を簡潔に解説してみます。

※Windows10での作業です。

XAMPPを公式サイトから入手

以下の公式サイトへアクセス。パソコンのOSに合ったバージョンをダウンロードしましょう。

>>XAMPP|公式サイト

ダウンロードしたXAMPPのexeファイルをクリック。インストーラーが立ち上がります。

基本、画面下に出てくるボタンをポチポチ押して進めれば大丈夫です。

ただ、インストール先については自分が作業しやすい場所を選ぶのがおすすめ。XAMPPフォルダの中をいじる機会がわりと多いからです(WordPressのテーマフォルダなど)。

ちなみに当方はドキュメントフォルダの中にXAMPPフォルダを作って、そこをインストール先に決めています。

インストールしたXAMPPフォルダの場所を覚えておいてください。後で使用します。

Language設定には日本語が含まれていません。「English」のまま進めましょう。

途中、「Bitnami」の案内が出ます。これは使う必要ないので無視。チェックを外してください。

インストール時のポイントは以上。

終わったらXAMPPを起動してみましょう。

この段階ではまだ何もいじらなくて良いです。アプリを閉じてください。

広告
NEC Direct
LAVIE Direct N15(R) 15.6型ワイド AMD Ryzen ハイスペックノートPC

WordPress本体を入手する

WordPress本体を公式サイトからダウンロードします。XAMPPでWordPressのローカル環境を作るために必要です。

>>WordPress日本語|公式サイト

最新版をダウンロードしてください。圧縮フォルダになっていると思うので、展開しましょう。(圧縮フォルダ上で右クリック→すべて展開…)

XAMPPにWordPress本体を入れる

最初にインストールした、XAMPPフォルダを開きます。

htdocs」フォルダを探してください。

このhtdocsフォルダの中へ先程ダウンロード&展開した、WordPressフォルダを丸ごと貼り付けます。

WordPressフォルダの階層ですが、wordpressフォルダ>wp-admin、wp-contentなどのフォルダ…という階層になっていれば大丈夫。

好みでwordpressフォルダ名を変えても構いません。(wordpress-01、wordpress_testなど)

名前を変えても良いのはwordpressフォルダだけです。中にあるwp-adminなどのフォルダ名・ファイル名は絶対に変えないでください

wordpressフォルダ名は後の作業で使います。メモしておきましょう。

WordPress用のデータベースを作る

データベース(MySQL)には、WordPressの投稿記事などがデータとして格納されます。XAMPPに同梱のphpMyAdminを利用します。

XAMPPを起動しましょう。

画面の「Apache」「MySQL」の部分にあるStartボタンをそれぞれクリック。成功すれば「Apache」「MySQL」の文字背景が緑色に変化。

Windowsのファイアウォール画面が出るかもしれません。その場合は許可してください。

エラーが出た場合

XAMPPと似たような機能を持つアプリ(Local by flywheel等)を同時使用しているとポート番号の競合が原因で、Apache起動に失敗することがあります。邪魔してそうなアプリを終了した後、XAMPPのApacheを起動すれば正常に動くかと思います。

MySQL」の「Admin」ボタンをクリック。ブラウザでphpMyAdminの画面が開きます。

画面左にある「新規作成」を選択。

「データベースを作成する」の部分でデータベース名を決めます。wordpressとかwp_01とか、管理しやすい名前で。

照合順序は「utf8_general_ci」を選べば良いと思います。作成ボタンをクリックで完了。

作成したデータベース名は後で使います。メモしておいてください。

phpMyAdminでの作業はこれで終わり。画面を閉じても構いません。

XAMPPは「Apache」と「MySQL」が起動している状態を維持したまま、アプリを閉じないでおきましょう。

WordPressの管理画面にアクセス

いよいよWordPressを作ります。

ブラウザのアドレスバーに、以下のURLを入力してアクセスしてください。

http://localhost/※wordpressのフォルダ名

※部分にはXAMPPのhtdocsフォルダに入れた、「WordPress本体のフォルダ名」を当てはめます。フォルダ名を変更していた場合には、変更後の名前を入れてください。(http://localhost/wordpress-01など)

上のアドレスがWordPressのサイトページになります。

ちなみにログイン画面のアドレスは以下のとおり。

http://localhost/※wordpressのフォルダ名/wp-login.php

今後頻繁にアクセスするページになるので、ブックマークしておきましょう。

WordPressで必要な情報を入力

データベース名の部分には、phpMyAdminで作成したデータベース名をそのまま入れます。データベースのユーザー名に「root」を入力。パスワード部分は空欄で大丈夫。

次の画面でWordPressのユーザー名、パスワードなど、ローカル環境用の情報を入力。メールアドレスはたぶん使わないので適当で良いです。

ログインするたびに使う情報です。忘れずにメモします。

ここまでやってWordPressの管理画面が出たなら成功!ローカル環境で思う存分WordPressをいじってください。

オフライン環境とあり、ネット上に公開されず安心。テストしまくりましょう~。

XAMPPのWordPressを終了するには?

  1. WordPressの管理画面からログアウトし、ブラウザの画面を閉じる。
  2. XAMPPの「Apache」と「MySQL」、各Stopボタンをクリック。
  3. XAMPPを閉じる。

XAMPPを閉じてもWordPressのデータは残っています。再び起動させれば続きから作業可能です。

起動時はXAMPPの「Apache」と「MySQL」をStartで起動→WordPressログイン画面にアクセスしてください。

【おすすめ設定】php.iniの内容を変更する

WordPress管理画面で、本体やプラグインを最新版にアップデートするときってありますよね?

あれをXAMPP環境下でやると、アップデートできない事態に遭遇することが稀にあります。また、データベースのインポートで失敗するケースも見られるかもしれません。

XAMPPのphp.iniファイルの設定を変更しておけば解決する可能性があるので、忘れないうちにやっておくのがおすすめ。

注意!

php.iniの作業は上級者向けです。仕組みがよくわからない場合、これから解説する変更点以外のファイル内容は絶対に変えないでください!

XAMPPを起動しましょう。

「Apache」と「MySQL」はストップ状態で構いません。

Apache」の「Config」ボタンをクリック。出てきた項目から「PHP(php.ini)」を選択。

テキストエディタでphp.iniが開きます。

php.iniファイルの内容から、以下の2箇所を探してください。

  • upload_max_filesize
  • post_max_size

エディタの検索機能で探すのが簡単です。Ctrl+Fキーを同時押しで検索機能が登場します。「upload_max_filesize」もしくは「post_max_size」を入力して検索すると、その場所へ自動でジャンプするのでやってみてください。

それぞれのイコール記号より右側の数字を大きくします。

決まりみたいなのは特になさそうですが、とりあえず自分は「128M」にしています。設定変更してもエラーが出る場合、もっと数字を大きくしてみてください。

変更したら、php.iniファイルを保存して閉じましょう。

…以上で作業は終わりです。