WordPressのウィジェットを切り替えるプラグインを使うメリット

WordPressでサイトを運営していて記事が増えてくると、「特定のいくつかのページだけに同じ内容を表示させたい」という考えが思いつくかもしれません。

実現させるのはわりと簡単で、プラグインを使えば良いだけです。

ウィジェットの表示方法を条件で制御できるプラグインは、複数存在します。その中から比較的シンプルで複雑な設定がいらない、「WooSidebars」というプラグインを使ってみたいと思います。

個別記事単位といった細かな設定は無理ですけど、カテゴリーごと、タグごとなどの条件でウィジェット表示を切り替え(置き換え)られます。

WordPressのプラグイン「WooSidebars」の具体的な使い方については、「簡単!WordPressウィジェット切替プラグインWooSidebarsの使い方」で紹介しています。早く使いたい!という人はそちらをどうぞ。

この記事では、ウィジェット表示を切り替えるとは一体どういうことか?プラグイン以外の方法と比較してどうなのか?といった疑問について、説明します。

WordPressの「ウィジェット表示を切り替える」とは?

「特定のページだけに表示させる」という仕組みをイマイチ想像できない人のために、簡単にですが説明します。

例えば、WordPressで作った「俺様のブログ」というサイトを運営していて、

  • 「カテゴリー【食べ物】に属する記事A」
  • 「カテゴリー【スポーツ】に属する記事B」

の2つがあったとします。

「カテゴリー【食べ物】の記事A」と「カテゴリー【スポーツ】の記事B」はそれぞれ内容の違う、独立した記事です。

で、WordPressにはウィジェットという仕組みが用意されています。サイドバーやサイトの下部分など、特定の位置に「新着記事」「カレンダー」「テキストエリア」などの各パーツを配置できる機能のことです。

基本的にウィジェットは「俺様のブログ全体」に影響する機能なので、カテゴリーのそれぞれ違う記事Aと記事Bの表示を切り替えても、同じ内容のウィジェットが画面に表示されます

WordPress ウィジェット すべて同じ内容を表示

この基本機能だけでも十分便利ですし、問題ないことも多いです。しかし、

『「記事Aのあるカテゴリー【食事】」と「記事Bのあるカテゴリー【スポーツ】」で表示させるウィジェットの内容を違うものに変えたいんだよな』

という場合に、どうしようか悩みます。

WordPress ウィジェット カテゴリーごとに内容を切り替え

WordPressの基本機能だけを見ると、カテゴリーの種類によってウィジェットを切り替える機能が備わっていないからです。

別の方法を取り入れて、ウィジェットを切り替える必要が出てくるんですね。

内容によって表示を切り替えるプラグイン以外の方法を比較

表示内容を切り替える方法として、プラグイン以外にもいくつか存在します。以下3つの方法が考えられるでしょうか。

  1. それぞれの記事のエディタに、表示させたい内容を直接記述する
  2. PHPファイルをいじくる
  3. WordPressのテーマを変更する

1. 記事のエディタに直接記述する方法

ウィジェットが「俺様のブログ」全体で表示されてしまうなら、記事に直接表示させたい内容を書いてしまえば簡単に解決します。

  • 記事Aに「俺様がおすすめするプリンの作り方」
  • 記事Bに「本日の俺様の格言」

という2種類の内容を表示させたい場合、記事Aと記事Bのそれぞれのエディタに内容を直接書き込んでしまえば終わりです。

エディタに直接書く方法だとサイドバー(画面の左右)への表示は知識がないと少し厳しいですが、記事の最下部や記事の間に挿入するやり方なら、誰でも簡単にできます。

ただ、このやり方だと後悔するかもしれません。

記事C、記事D、記事Eと記事数が増えるごとに、新しい記事に2種類の内容のどちらかを表示させたくなったら、コピーするなり手書きするなり、その都度エディタへ記述する必要が出てきます。

新しい記事を作るたびに、同じ作業を繰り返し行うわけです。

また、以下のような問題も想像できるでしょう。

「俺様がおすすめするプリンの作り方」から「俺様が愛してやまない本を紹介するぜ」

という内容に変更する必要が出てきた場合、すべての記事を巡回して修正しなければならず、あまりにも非効率です。

2. PHPファイルをいじくる方法

WordPressのPHPファイルに特定のページでのみ表示させるプログラムを書けば、表示の切り替えができます。

1~3の中でも、2のPHPファイルで内容を切り替える方法が最も自由度が高く、好みのサイトを自在に作れるのがメリット。カテゴリーごとでなく、記事ごとなど、やろうと思えばより細かな条件で切り替えできる万能な手段です。

ですが、この方法でやるには「PHPを使ったプログラミングができる人」「WordPressの各ファイルに対する知識を持っている人」でなければならず、ハードルが高いです

PHPの記述を間違えるとサイト全体や一部分が真っ白になる、英語のエラー文が表示される、画面の動作がおかしくなるなど、最悪の事態を引き起こしかねません。

最悪の事態が発生したときにトラブルの対処を迅速にできなかったら、せっかく作ったサイトが台無しです。まともに閲覧できないサイトであるとわかれば、ユーザーも自然に離れてしまうでしょう。

問題が発生しなくても管理が疎かだと、記述を変えたところを忘れてしまうリスクがあるので、上級者でもなければあまり試したくないやり方だと思います。

3. テーマを変更する方法

ウィジェットの切り替え機能が備わっているWordPressテーマを使う、という方法です。

上の1と2に比べ、最も管理が簡単で、難しく考えなくても簡単設定で作れてしまうのがメリットですね。

デメリットは、選んだテーマによっては切り替えの設定が少なくて物足りない、現在使用中のテーマから変更する作業の手間がかかる部分でしょうか。

切り替えの設定が少なくて物足りない問題については、高度な設定ができるテーマを選べば解決しそうです。ただ、そういったテーマが有料のものだとコストが掛かってしまいます。

お金を掛けずにやるなら無料テーマを選びましょう。「Cocoon」というテーマが、ある程度高いレベルまで対応している感じでおすすめです。

>> Cocoon | 無料WordPressテーマ

ただ、現在使用中のテーマを気に入っている場合、そう簡単にはテーマを切り替えたくないと思うかもしれません。他にも、CSSやカスタマイズ機能を使ってデザインを設定し直す必要が出てくるなど、テーマを変更する方法には厄介な部分が多いです。

プラグインによるウィジェット切り替えはシンプルで簡単

上で紹介した1~3のデメリットを解決してくれるのが、プラグインを使った方法のメリットです。

  • 個別記事のエディタに直接内容を書かなくても良い。
  • PHPファイルをいじらなくて済む。プログラミングの知識不要。
  • テーマ固有のものより、設定条件の自由度がそこそこ高い。現在使用中のテーマを変更する必要がない。

簡単!WordPressウィジェット切替プラグインWooSidebarsの使い方」で紹介しているWordPressプラグイン「WooSidebars」では、ウィジェットに対しての表示切替しかできません。ですが、ウィジェットのみでも工夫次第でサイトの見た目を大きく変えられます。ユーザーの利便性も向上しそうですね。

不要になったらプラグインを停止するか、削除すれば良いだけ。作るだけでなく管理も簡単です。