どうしよう!WordPressの2段階認証ができない!ときの対処法

WordPressには不正アクセスを防ぐ、2段階認証のプラグインがあります。

(2段階認証をWordPressに導入する方法については、「WordPressログインを2段階認証にしてセキュリティ強化」で紹介しています。)

詳しい仕組みは上の関連記事にて書いていますが、スマホアプリ「Google Authenticator」と連携して認証コードを取得することで、別の誰かにログインされにくくする、というものです。

これによりセキュリティを高められる反面、トラブルが起きてしまうとWordPressの管理画面にログインできなくなるので、少し怖く感じるかもしれませんね。

ただ、WordPressで2段階認証のトラブルが発生したとしても、対処法さえ知っていればわりと簡単に解決できます。その方法について、紹介しましょう。

2段階認証できなくなる原因

実際に2段階認証のトラブルに遭遇していないと、その深刻さがわからなくて何となく大丈夫だろうと思いがちです。

「どうなれば2段階認証できなくなるのか?」今のうちからイメージしておくと良いかもしれません。

一番多そうなトラブルは、スマホアプリを使えなくなってしまうことでしょうか。

スマホが壊れてしまったら、アプリを開けません。そうなれば2段階認証のコードを見られないので、WordPressの管理画面にログインできなくなってしまいます。

壊れる以外だと「スマホを紛失した」「アプリに不具合が起きた」なども、発生原因として考えられそうですね。

もし、これらの原因が突然発生して困った場合、とりあえず普段からWordPressの管理に使っているパソコンを開いてください。

今すぐ解決する対処法を試してみましょう。

スポンサーリンク

WordPressの2段階認証を解除する

スマホアプリで2段階認証のコードを取得できないなら、WordPress側の2段階認証を解除すれば大丈夫です。

解除さえできれば2段階認証の機能が停止し、ユーザー名(もしくはメールアドレス)とパスワードのみでWordPressの管理画面にログインできます。

2段階認証を解除するには、WordPressのプラグイン自体を停止させましょう。

ただ、ここでふと、以下のような疑問がわくかもしれません。

WordPressの管理画面へログインできないのに、プラグインを停止させる方法なんてあるの?

実はこれがあるんですね

その方法についてこれから解説しますので、ぜひ参考にしてください。

【確認済みのプラグイン】

この記事の対処法で問題なくできたWordPressのプラグインは「Two Factor Authentication」と「Google Authenticator」の2つです。

その他の2段階認証プラグインについては未検証のため、上の2つのプラグイン以外を使っている場合、本番環境ではないテストサイトやオフライン環境などで試すことをおすすめします。不具合が出ないのを確認してから、本番環境でやってみてください。

WordPressのプラグインを停止させる手順

この方法には2つのやり方があります。

  1. レンタルサーバーでWordPressのフォルダにアクセス
  2. FTPソフト(FTPクライアント)でWordPressのフォルダにアクセス

2つのうち、自分ができる方法、もしくはやりやすい方法を選んでみてください。

1. レンタルサーバーで2段階認証プラグインを停止する方法

2段階認証できなくなったWordPressサイトを置いている、レンタルサーバーのサービスを利用した方法です。

大抵のレンタルサーバーにはファイルマネージャーなどの、サイトのファイルを直接管理できる手段が用意されています。この仕組みを利用してみましょう。

レンタルサーバーのファイルマネージャーにログインして、2段階認証できなくなったWordPressサイトの、ファイルが置かれているフォルダを探します。

WordPressフォルダの中から「wp-content」を見つけ出して選び、「plugins」に進みます。

pluginsフォルダの中に、インストールした全てのプラグインのフォルダが並んでいると思います。この中から2段階認証で使っているプラグイン名を探してください。

WordPressログインを2段階認証にしてセキュリティ強化」の記事ではWordPressの2段階認証プラグインとして、「Two Factor Authentication」を紹介しています。この場合だと、「Two Factor Authenticationのフォルダ」を見つけるかたちになります。

プラグインを見つけたら、フォルダごとファイルを削除してください

その後、WordPressのログイン画面にアクセスしてみましょう。2段階認証の画面が無くなって、ユーザー名とパスワードのみでログインできるようになっていると思います。

2. FTPソフトで2段階認証プラグインを停止する方法

FTPソフトを使える人なら、こちらの方法でも良いでしょう。

パソコンでFTPソフトを起動したら、2段階認証できなくなったWordPressサイトがあるレンタルサーバーに接続し、該当するWordPressのフォルダを開きます。

wp-content」→「plugins」に進みます。

pluginsフォルダの中に、インストールした全てのプラグインのフォルダが並んでいると思います。この中から2段階認証で使っているプラグイン名を探してください(「Two Factor Authentication」など)。

該当プラグインを見つけたら、FTPソフトの機能でフォルダごと削除します

FTPソフトでTwo Factor Authenticationのフォルダを削除

その後、WordPressのログイン画面にアクセスしましょう。2段階認証の画面が無くなって、ユーザー名とパスワードのみでログインできるようになっていると思います。

削除するフォルダを間違えないように

2段階認証のプラグインを削除したとしても、サイトそのものに悪い影響はありません。

削除後にWordPress管理メニューのプラグイン一覧画面を開くと、「該当プラグインにエラーが出て停止した~」みたいな内容の注意書きがあらわれることもありますが、この注意書きはブラウザを再読込すれば消せますので気にしなくて大丈夫です。

上で解説したとおり、対処法自体は簡単なものです。ただし、消すフォルダやファイルを間違わないよう、十分に注意してください

別のフォルダを消してしまうと、サイトが消えてしまったり正常に動かなくなったりなどの不具合が出る危険があるからです。この点さえ注意すれば、安全に2段階認証を解除できます。

プラグインを削除した後、再び2段階認証を使いたくなったら、プラグインを再インストールしましょう。最初から設定し直すだけで、以前のように使えます。

スマホアプリの2段階認証が使えるようになるまで、とりあえずこの方法で対処してみてください。