やさしいウディタ講座19:商品を売買できる「お店」を作ろう

無料のゲーム開発ツール「ウディタ(WOLF RPGエディター)」の基本的な使い方を、初心者さん向けに紹介するこの企画。

前回「やさしいウディタ講座18:お金の単位を変更&画面表示のやり方」で、お金の単位を変更する方法と、お金の単位をゲーム画面に表示する方法について解説しました。

今回は、お店イベントを作ってみます。ウディタが予め用意する「コモンイベント」があるので、作業自体は簡単。ウディタ初心者さんでもあっという間に作れるはずです!

「やさしいウディタ講座」- もくじ
現在公開中の講座をまとめたページ。「ウディタのことがよくわからない」「簡単な機能から覚えたい」などの初心者さんは、初期の講座から読むのがおすすめです。
>>WOLF RPGエディター|公式サイト
公式サイトにはウディタの使い方を詳しく解説している、マニュアルやガイドが公開されています。ウディタを学ぶ際の必須となる教科書です。ぜひ参考にしましょう。

ウディタが用意するコモンイベントでお店を作れる!

アイテムや武器防具を売買するRPGの定番的な存在

RPGを作れるウディタですが、いろんなアイテムが存在するゲームであったほうが楽しく感じられることも多いと思います。

アイテムでキャラを強化する他、コレクション好きなプレイヤーにとっても嬉しい要素。プレイの幅が広がります。

  • 回復アイテム
  • 武器や防具などの装備品
  • 特殊効果を持つ道具

そして、RPGでこれらのアイテムを入手する定番の手段が「お店」。

お金を貯めて欲しいアイテムを買ったり、要らなくなったら売ったりできる便利な存在です。

しかし、ウディタでまっさらな状態からお店イベントを作るのは大変。頭をこねくり回しながら、各種コマンドをエディターへ打ち込まなければならないからです。

超上級者でないと無理な作業ですが…大丈夫、問題ありません!超初心者でも本格的なお店イベントを作れる方法が存在します。

3種類のコモンイベントを使用するだけ

ありがたいことに、ウディタには最初からお店を手早く作れる、便利な「コモンイベント」が用意されているんですね

ウディタの「サンプルゲームのData」、もしくは「空データ基本システム入りData」の中に、該当のお店関係のコモンイベントが入っています。

ウディタ コモンイベント

ウディタ コモンイベント一覧 お店

お店関係のコモンイベントは3種類。この3種類のコモンイベントを組み合わせるのがポイントです。

ではこれから、お店の作り方について解説しましょう。

この講座で使用するDataは、「サンプルゲームのData」です。

スポンサーリンク

実際にお店イベントを作ってみよう!

マップとマップイベントを用意

まず、お店イベントを設置するためのマップを適当に作っておいてください。

マップの基本的な作り方は「やさしいウディタ講座1:マップを作ってみよう」を参考にどうぞ。

続いて、マップイベントの作成。過去講座で作っておいた、カウンター内にいる定員さんを利用してみます。

ウディタ ゲーム画面

マップイベントの作り方は「やさしいウディタ講座3:マップチップ越しに話すイベントを作る」を参考にどうぞ。

マップイベントの内容は、以下のとおりです。

ウディタ マップイベント画面

  • マップイベント名は好きなもので。ここでは「定員さん」に決定。
  • グラフィックに「女性の画像」を選択。好みで構いません。
  • 起動条件を「決定キーで実行」に。
  • 移動ルートは「動かない」が話しかけやすく、一般的でしょうね。

【必須】最初にコモンイベント「お店 初期化」を入力

店員さんに話しかけると、お店イベントがはじまる。

そんな内容にしてみます。

先程作ったマップイベント「店員さん」に、イベントコマンドを入れましょう。

マップイベント「店員さん」をダブルクリック。マップイベント画面を表示します。

ウディタ マップイベント

マップイベント画面右側にある、コマンド欄の空白行をダブルクリック。もしくはコマンド入力ウィンドウ表示ボタンをクリック。

ウディタ コマンド

ウディタ コマンド入力ウィンドウ表示

イベントコマンド画面が登場します。左側の一覧から、「I コモンイベント」を選択。

ウディタ イベントコマンド一覧

画面右側で作業します。上部にある項目「イベントの挿入」をチェック。横にあるプルダウンメニューから、「コモン33:【1】お店 初期化」を選びます。

ウディタ イベントコマンド コモンイベント お店初期化

ウディタが用意するコモンイベントでお店を作る場合、この「お店 初期化」を必ず最初に行ってください

関連データをリセットするために必要です。余計な古いデータが残っているとそれを元にウディタが実行してしまうため、正常な処理ができなくなる恐れがあるからです(バグの原因になる)。

最後に入力ボタンをクリック。コマンド欄にコモンイベント「お店 初期化」のコマンドが表示されていれば大丈夫です。

ウディタ コマンド コモンイベント「お店初期化」

お店に「商品を追加」する

これも専用のコモンイベントが用意されています。

必ず、コモンイベント「お店 初期化」コマンドの下に入力してください

ウディタ コマンド入力

イベントコマンドのコモンイベント画面で、「イベントの挿入」をチェック。プルダウンメニューから「コモン34:【2】お店 商品の追加」を選択。

ウディタ イベントコマンド コモンイベント「お店 商品の追加」

次に、【コモンEv入力(数値)】の部分を見てください。

ウディタ イベントコマンド コモンイベント「お店 商品の追加」

ここでお店に並べる商品を指定できます。各項目の意味は以下の通りです。

追加するのは?
お店に並べる商品ジャンルを設定する項目です。アイテム、武器、防具の3種類から選択できます。

[A]アイテム、[B]武器、[C]防具
お店に並べる具体的な商品名を決める項目です。

ユーザーデータベース」に登録されているデータから、商品名を選ぶ仕組みになっています。「2:アイテム」「3:武器」「4:防具」の3タイプが該当。

ウディタ ユーザーデータベース

ウディタ ユーザーデータベース 2:アイテム

今回の講座ではサンプルゲームのDataを使っていますが、ウディタ制作者さんによって、最初からある程度のデータを用意してくれています。とりあえずこのデータを使ってみましょう。

ユーザーデータベースの「2:アイテム」に登録されている、「0:薬草」をお店に並べます。

ウディタ イベントコマンド コモンイベント「お店 商品の追加」 コモンEv入力(数値)

  • 追加するのは?:1:アイテム[A]
  • [A]アイテム:0:薬草[ユーザ2]
  • [B]武器:-1:<なし>
  • [C]防具:-1:<なし>

武器と防具は関係ないので、「なし」にしておきます。

ここまでやったら入力ボタンをクリック。

ウディタ コマンド コモンイベント「お店 商品の追加」

コマンド欄に追加されました。

【必須】最後にコモンイベント「お店処理 実行」を入力

お店に商品を追加したら、最後にコモンイベント「お店処理 実行」のコマンドを必ず入れますこれをやらないとお店が機能しません

コモンイベント「お店 商品の追加」の下の空白行に、コマンドを入力してください。

ウディタ コマンド入力

I コモンイベント」の画面で、「イベントの挿入」をチェック。プルダウンメニューから「コモン35:【3】お店処理 実行」を選びます。

ウディタ イベントコマンド コモンイベント「お店処理実行」

【コモンEv入力(数値)】の設定に進みましょう。

お店のタイプ」を選びます。

ウディタ イベントコマンド コモンイベント「お店処理実行」 コモンEv入力(数値)

各タイプの意味は、以下のとおり。

  • 売り・買い 両方」:商品を購入&所持品の売却ができるお店。
  • 買いのみ」:商品を購入するだけ。所持品の売却はできないお店。
  • 売りのみ」:所持品の売却だけ。商品を購入できないお店。

今回は一般的な、「売り・買い 両方」にしてみましょうか。

設定が終わったら入力ボタンをクリック。

ウディタ コマンド コモンイベント「お店処理実行」

コモンイベント33の「お店 初期化」~コモンイベント35の「お店処理 実行」、この間にコモンイベント34の「お店 商品の追加」が入っているのが正しい順番です。

順番が間違っていても、並び替えれえば大丈夫。

移動させたいコマンドを1回クリックして選択状態にし、右クリックから「切り取り」を選びます。続いて、挿入したい部分の行(既にコマンドが入力されている行でも大丈夫)を選択し、「貼り付け」で簡単に並び替えが可能です。

ここまでやったらセーブし、内容を保存しましょう。

テストプレイで確認

問題なくお店イベントが完成しているのか?テストプレイで確かめます。

テストプレイのために主人公キャラの初期位置をこのマップにする場合、「やさしいウディタ講座2:人を配置・看板を調べるイベントの作り方 – 主人公キャラを自作マップ上で操作できるようにする」を参考に、作業してみてください。

実行後、カウンター越しに店員さんへ向かって、実行キー(Enter)で話しかけてみます。

ウディタ ゲーム画面 カウンター越しに実行

お店専用の画面が登場しました!

ウディタ ゲーム画面 お店

コモンイベントで追加したアイテム「薬草」が、商品として並んでいますね。

ただ、所持金がないので商品を選択できません…。

所持金がある場合はどうでしょう?

ウディタ ゲーム画面 お店で購入

選択できるようになりましたね!

所持金の増やすには、「やさしいウディタ講座8:敵と戦うイベントを作ってみよう」を作成後に敵を倒して入手する、もしくは「やさしいウディタ講座16:お金を増やす・減らすイベントの作り方」を作成後にお金を増やすイベントを実行すれば可能です。

ウディタ ゲーム画面 お店で売却

売れる道具が所持品にあれば、お店で売却も可能。

このように、ウディタ開発者さんが用意しているコモンイベントを利用するだけで、あっという間に本格的なお店の機能を作れます。

お店に複数の商品を並べたい場合

コモンイベント34「お店 商品の追加」を増やせば可能です。

「お店 商品の追加」で扱える商品は1種類のみ。なので、お店に並べたい商品の分だけ、コモンイベントを追加してあげれば良いってことです。

ウディタ コマンド コモンイベント「お店 商品の追加」 複数

複数並べる場合も、必ずコモンイベントの「お店 初期化」と「お店処理 実行」の間に入れるルールを忘れずに!

テストプレイでお店イベントを確認。こんな風に、複数の商品を並べられます。

ウディタ ゲーム画面 お店 複数の商品

今回作ったお店イベントですが、雰囲気を出すために「文章の表示」コマンドを入れてみるのも良さそうですね。

ウディタ イベントコマンド 文章の表示

ウディタ コマンド入力

上のようなコマンド内容にすると、店員さんに話しかけた直後に「いらっしゃいませ。」と返事してくれます。続いて、お店のメニュー画面が開く感じ。利用をやめると、「ありがとうございました。」と言ってくれます。

色々いじって、オリジナリティのあるイベントに仕上げてみてください。

次回の講座は?

やさしいウディタ講座19はここまで。

次回「やさしいウディタ講座20:お店以外で所持品を増やす・減らす方法」では、お店で売買する方法を使わずに、アイテムや武器、防具といった所持品を増やす・減らすやり方について解説します。

「やさしいウディタ講座」- もくじ
※全講座の目次ページはコチラ。