マウスだけでWindows10のファイル等を飛び飛びに選択できる機能が地味に便利

パソコンに保存してある、フォルダやファイル。これらをコピーしたり切り取ったりするとき、一般的にはマウスで操作すると思います。

なんてことのない作業ですけど、複数並んでいるフォルダやファイルを飛び飛びに選択しなければならないときも出てきますよね?このやり方がわからなかったり、手こずったりすることってないでしょうか。

そんな場面で活躍する機能が、Windows10のエクスプローラーに存在する「項目チェック ボックス」です。

地味な機能なので、知らない人も結構いるかも知れませんね。その使い方について解説します。

フォルダやファイルを「飛び飛びに選択する」の意味

Windowsに特定のフォルダがあったとして、その中に複数のフォルダやファイルを並べて保存しているとしましょう。

この特定フォルダ内のいくつかを選択する場合に、隣り合うものではなく、数個飛ばして複数選択する作業が、「飛び飛びに選択する」の意味です。

隣り合うものであれば簡単。マウスをドラッグして、複数のフォルダやファイルを囲えば選択できます。

フォルダやファイルをマウスドラッグで囲む

しかしドラッグで囲む方法だと、飛び飛びのものを選択することができません。

そんな場合に使えるのが、キーボードの「Ctrl」。

Ctrlキーを押しながらクリックすれば、フォルダやファイルを飛び飛びで選択できるんですね。

このCtrlキーとマウスを合わせた方法を使うのが一般的だと思うんですけど、ちょっとキーを離したりだとか、カーソルを動かしただけで選択が解除されてしまうケースがわりとあるんです。自分のやり方が下手なだけかもしれませんが。

Ctrlキーをいちいち押しながら作業するっていうのも、人によっては煩わしく感じそうです。

そんなデメリットを解決してくれるのが、Windows10のエクスプローラーに搭載されている「項目チェック ボックス」という機能です。

この機能を使えば、マウス操作だけで飛び飛びにフォルダやファイルを選択できます。

自分はWindows10でしかこの機能を確認していないので、10以外を使っているWindowsユーザーさんの場合、これから説明する設定方法を参考に利用できるかどうか確かめながら読み進めてください。

スポンサーリンク

フォルダ&ファイルを自由自在に選択する設定の手順

エクスプローラーを開く

Windows10の画面下にあるタスクバーなどから、「エクスプローラー」を起動します。

タスクバー

ファイル管理でおなじみの画面が出てきます。

エクスプローラー

開いたエクスプローラーの画面上部に存在する「メニュー欄」がポイント。ここから設定項目を見つける流れで進めます。

メニューの「表示」で「項目チェック ボックス」をオンにする

エクスプローラーのメニューから「表示」を選択しましょう。

画面が切り替わったら、「項目チェック ボックス」という項目を探します。項目の左端にボックスがあるので、そこをクリックしてチェックを入れます

たったのこれだけで設定は完了です。

エクスプローラーの設定後、飛び飛び選択を試してみる

アイコンのボックスにチェックを入れて選択

以下の参考画像を見てください。フォルダが2つ、画像とテキストのファイルが4つ、合計6つのフォルダとファイルのアイコンが並んでいます。

この参考画像を例に、飛び飛びの選択を試してみましょう。

複数の中から、1つのフォルダアイコンにマウスカーソルを合わせてみました。するとカーソルを合わせたフォルダアイコンの左上に、小さなボックスがあらわれます。

このボックスをクリックしてみるとチェックが入り、フォルダが選択状態に変化します。マウスカーソルを離してもフォルダは選択されたままで、解除されません。

同様に、他のファイルのボックスにもチェックを入れてみます。

飛び飛びにフォルダやファイルを選択状態にできましたね。

ちなみにチェック入りのボックスを再度クリックすればチェックが外れ、選択を解除できます。

選択状態になったフォルダやファイルのどれでもいいので、アイコンにカーソルを合わせて右クリックします。あらわれた項目からコピーや切り取り、削除などを実行すれば、選択したすべてのものに適用されます。

コピーや切り取りなどの作業は、キーボードのショートカットキーでも実行可能です。

箇条書き風の並びで選択する場合

上の例ではアイコンが並ぶフォルダやファイルで行いましたが、箇条書き風の表示でもやり方はほぼ同じ。

フォルダやファイルにカーソルを合わせてみましょう。左端にボックスがあらわれるので、そこをチェック。選択状態になります。

最上段の「名前」の左側にあるボックスにも注目。ここにチェックを入れると、フォルダ内にあるすべてのフォルダとファイルを選択できます。

デスクトップのアイコンにも反映される

デスクトップ画面でゴミ箱以外に、よく使うフォルダやファイル、アプリケーションソフトのアイコンを並べている人も多いかと思います。実は今回ご紹介の項目チェックボックスの機能は、デスクトップにも反映されるんです。

エクスプローラー同様、カーソルを合わせると左上に小さなボックスが登場します。チェックのオンオフを切り替えながら、好きなように作業してみましょう。

デスクトップ

項目チェックボックス機能の停止はチェックを外すだけ

ボックスを使った選択方法の機能は、いつでもオンオフが可能。エクスプローラーの「表示」で「項目チェック ボックス」に入れたチェックを切り替えるだけです。

今回ご紹介の項目チェックボックスは目立たないマイナーな機能だと思いますけど、使ってみると意外にも便利に感じるかもしれません。

特にパソコン操作が苦手な人、Ctrlキーとマウスの組み合わせがよくわからないという人におすすめです。覚えておくと役に立ちますよ。