プログラミングに挫折し続けた原因はたぶんコレ

前回記事「プログラミングが楽しくなってきた理由ってなんだろ?」の続きです。

プログラミングに挫折し続けてきた自分がプログラミングにはまるまで、気持ちが変化した理由について、前回記事で語りました。

今回はプログラミングに挫折してしまう、つまらないと感じてしまう理由についてです。過去の自分を振り返りながら考えてみます。

「プログラミングを学ぼう」だけでは面白く感じられない

何に使うべきなのかわかっていないのにプログラミングを学ぼうとすると、挫折しやすい、面白くないと感じてしまう。

これが自分の経験から学んだ一つの結論です。

普段の面倒な作業をラクにするために、プログラミングを道具として使う。それで実現できるからこそプログラミングが楽しい」

前回記事をまとめるとこんな感じ。

自分にとって、プログラミングの学習自体は目的になっていないんです。

面倒くさい作業を肩代わりしてくれる

それがたまたまプログラミングだったというだけ。

だからこそ夢中になって、黙々とプログラムを打つことができるんだろうなと思っています。

広告
防犯ステーション
防犯カメラ 家庭用 ワイヤレス スマホ 追尾 追跡 ネットワークカメラ 屋内 ペット

プログラミングでアプリを作っても楽しくないのはなぜだろう?

プログラミングの価値をわかっていない状態で、覚えようとしたからです。

過去記事「プログラミングがつまらないならゲーム開発ツールが良いかもよ?」の内容とかぶりますが…。

既存のアプリとかサービスとかをお手本にする風潮って、プログラミングの学習にありますよね?過去の自分もそうでした。

ブログ、RSSフィード、ゲームのメニュー画面…。

よく見かけるアプリを自作しながらプログラミングを覚える!そう思いついてチャンレンジします。

ところがド素人の作ったアプリの機能なんて、たかが知れています。お手本にした既存サービスの足元にも及びません。

「こんな低機能なブログやRSSフィードを自作するより、今あるサービスを使えば良いのでは?」

「ゲームのプログラミングやってみたいけど思った以上に大変。このしょぼくれたメニュー画面、何に使うんだ?」

てな感じです。

難しいプログラミングを覚える暇があったら、既存のものを利用すれば良いだけ。時間がもったいない。

そんな風に思えてきて、徐々に学ぶ意欲が薄れます

プログラミングの学習ってすぐエラーを吐くし、やり方を調べるのにも手間がかかるんですよね。

半分シラケた状態で、おまけに理想通りに動かない。となれば、熱が冷めるのも早いです。

結果、プログラミングに挫折するのがいつものパターンでした。

プログラミングよりも今したいことをはっきりさせる

第1段階

自分の場合、まず「何をしたいのか?」を考えてみました。

この段階ではプログラミングの存在を無視して良いのがミソ。

したいことが無ければプログラミングを覚える必要無しと判断。目的のない学習になるだけで、挫折する確率が高いからです。

第2段階

次に、「そのしたいことはプログラミングで実現可能なのか?」を調べます。

実現できそうならプログラミングにチャレンジ。アプリの完成によってしたいことを実現できた瞬間、プログラミング楽しい!と思えるようなったのが今の自分です。

ただ、プログラミングで実現可能だったとしても、プログラミングの学習が本当に必須なのか?も同時に考えます。

既存のサービスやアプリで事足りるケースも多くあるからです。

無料・有料の便利なサービスがネット上に溢れています。

文章をネット上に公開するなら、ツイッターやブログなどの手段があります。自作ゲームを作りたいなら、RPGツクールやウディタなどのゲーム開発ツールが使えますね。

やりたいことを早く実現できるのが既存サービスのメリット。

プログラミングに時間かけて作るよりも、そっちを使ったほうがきっとストレス無くやれるはずです。

第3段階

それでもなお物足りず、「もっと自分が納得できる機能を使いたい」と感じたなら、いよいよプログラミングの出番!…かもしれない。

目的ができた情熱を、プログラミングに向けてみます。

寝る間も惜しんで黙々とプログラムを打ち始め…おやっ、もしかしてコレ楽しいかも?と思えたら、しめたものです。

途中で挫折しても構わない

プログラミングって、趣味と同じかもしれませんね。

興味なければやる気なし。見る気も無し。面白く感じられたら親や奥さん、子供に叱られようと、とことんハマる。

プログラミング学習なんて、途中でやめてしまっても別に良いんです。な~んにも悪くない。

仕事や学校でどうしても覚えなければならない人は違いますけど、そうでなければ使うことも無いだろうし、無理に覚えなくても構わないと思います。

自分を責めず、かる~い気持ちで挑んでみてください。

ここまでつらつら語りましたが、プログラミングの知識がそこまで高くない個人の意見でしかありません。

経験豊富で実力のある人なら、また別の考え方もあるでしょう。そんなにレベルの高くない立場の人間だからこそ出てくる、一つの考えかたとして捉えてください。