PCマウスの有線と無線を比較 どっちを買おうか迷ったとき

パソコンマウスには「有線」と「無線」の2種類が存在します。

これ、どちらを買おうか悩んだことってないでしょうか?

現状を見ると無線マウスの人気が圧倒している感じですけど、自分の経験からして、必ずしも無線マウスが優れるとは言い切れないと思っています。

マウスの使い方によって評価が大きく変わってくる部分なので、適切でないほうを選ぶと次第に不満がたまってくるかもしれません。

適切なマウス選びができるかどうかは、有線と無線を比較して「良いところ・悪いところ」をどこまで知っているかが重要になるでしょう。

パソコンマウスの「有線」と「無線」の違い

基本中の基本をざっくりと説明します。

有線マウスの仕組み

マウス本体にUSB端子付きのコードがくっついているものです。パソコンやゲーム機本体のUSB端子につなぐとマウスに電気が供給され、使えるようになります。古くからあるマウスで、仕組みがとても単純です。

無線マウスの仕組み

マウスにコードが付いていません。Bluetoothやメーカー独自の無線規格でパソコンとマウスをつなぎます。電気の供給元はマウス本体の電池です。現在ではこちらが主流な感じで、商品ラインナップが豊富です。

無線マウスの良いところ

最大のメリットはコードレス

マウスは手元で動かす道具なので、周りに少しでも邪魔なものがあると鬱陶しく感じてしまいます。

コードくらいなら邪魔というほどでもなさそうですが、意外にも突っ張りや引っかかりが気になり、不満のたまりやすい存在です。

作業する場所が狭ければ狭いほど、余ったコードが場所を占領します。そんな場面で、コードが付いていない無線マウスの快適さを実感できるでしょう。コードを手で払い除けたり、脇に寄せたりする必要がないからです。

作業する場所を選ばない

デスクトップのようにいつも同じ場所で使うのならまだしも、ノートパソコンのような自由に持ち運びできる本体で使う場合には無線マウスのありがたさが身にしみます。

運ぶときにコードがあると引きずったり垂れ下がったりしますが、無線マウスならその心配は無用です。

USB端子にコードを抜き差しする手間もありません。

コードの抜き差しなんて些細な作業でしかありませんけど、毎日頻繁に行う作業って、ほんのちょっとしたことでも無くなれば、意外と快適になるものなんですね。

パソコンの他、タブレットやゲーム機でマウスを使いたい人もいるでしょう。これらの機器を使う場合にも、無線マウスならコードの鬱陶しさを感じずに済みます。

携帯しやすく収納スペースを取らない

上で無線マウスは持ち運びしやすいと言いましたが、外出時に携帯しやすいのも魅力の一つです。

マウスのコードは1メートル以上する長さのものばかりです。長いコードを束ねる必要がなく、ちゃちゃっとポケットやバッグに収納できるのが強みでしょう。出し入れの際にコードが他の荷物に引っかかる・被さるなどといった邪魔をしません。

保管場所を選ばないのも良いですね。コードのスペースが不要な分、狭い引き出しにすっぽりと入ります。

コードが中から飛び出して引き出しを締めたときに挟まる、なんてイライラしがちなよくあるトラブルを気にせずに済むのは、わりと大きなメリットだと思います。

商品の種類が豊富

パソコンショップやネット通販でパソコンマウスを探してみると、無線マウスばかり並んでいるのが現状です。それだけ人気が高いってことですね。

安いものから「ゲーミングマウス」なんていう、たくさんボタンの付いた高機能なマウスまで豊富に揃っています。新しいマウスが欲しいときに、無線マウスなら理想とする商品を見つけやすいでしょう。

有線マウスだって負けてはいない

ここまでとことん無線マウスのメリットを紹介しました。

「有線マウスの出番がない」「肩身が狭い」「希望を持てない」「すでに崖っぷち」

など、寂しい気分になってきますが…大丈夫です!有線マウスだからこそ体験できる、素晴らしい特長がたくさんあるからです。

電池代がかからない

有線マウスの最大のメリットといえば、「電池が不要」なことでしょう。

電池って結構コストがかかるんですよね。1~2本の電池代くらいわけなさそうですが、無線マウスを毎日長時間使っていると、1年もしないうちに電池交換が必要になってくると思います。

使い続ける年数が長くなるほど、電池のトータルコストが膨らむことに。電池より本体にお金をかけたいなら、有線マウス一択でしょう。

電池切れのストレスから開放される

USB端子につながってさえいれば、絶えることなく電気がマウスに供給されます。

無線マウスだと電池が切れた瞬間使えなくなってしまうため、予備の電池を持っていないと慌てて買いに行かなければなりません。

電池切れの不安やストレスとは無縁の世界でマウスを使えるのが、有線のメリットですね。

手や手首が疲れにくい

有線マウスは電池を内蔵していない分だけ無線マウスに比べて本体が軽めです。

重いマウスで作業を続けていると、徐々にダメージが手や手首に蓄積されます。軽い有線マウスなら手や手首の疲れを感じにくく、長時間の作業に耐えられるでしょう。

腱鞘炎が心配な人にもおすすめ。

動作の安定性に優れる

無線マウスはBluetoothやメーカー独自の無線規格でつながっているため、電波の状態が不安定になりやすい特徴を持っています。

突然途切れたり、反応が悪くなることもしばしば。マウスカーソルが動かない、おかしな動作をするなんて不具合がたまに起こります。

有線マウスなら常にコードとパソコンがつながっています。無線と違って途切れる確率は低く、反応が悪くなるケースは稀です。

また、無線マウスはペアリングの扱いで少々手間取るのがデメリットです。突然ペアリングが切れてマウスが動かなくなる不具合とか、別のパソコンで使うときには初期設定が必要とか、ちょっと面倒に感じられるかもしれません。

有線マウスにはペアリングの問題がありません。対応OSさえ間違っていなければUSB端子に差し込むだけで、どの機器でもすぐに使えます。

意外なコードの使いみち

「有線マウスは長いコードが邪魔」なはずなんですが、高い場所で使う場合にちょっとしたメリット(?)があります。

例えば、机の上でマウスを動かしているとしましょう。少しマウスから手を離して別の作業をしていたら、手や腕を勢いよくマウスにぶつけてしまいました。

こうなるとマウスを床に落としてしまう可能性が大きいです。

無線マウスなら床へ叩きつけられる運命でしょうが、有線マウスにはコードがあります。コードがうまい具合に机や物に引っかかったり、床まで届かない長さのコードだったりしたら?

マウスが宙吊り状態になり、床へ落ちずに済みます。コードが命綱代わりになってくれるんですね。

これならマウスの破損を防げる!かもしれません。

(床ではなく側面に叩きつけられたり、コードが断線したりするリスクはありそうだけど)

少々こじつけたような話になりましたが、有線マウスにはこんなメリットもあるかもしれないよってことで一応ご紹介しました。

パソコンマウスの有線と無線の選び方まとめ

  • 携帯のしやすさに魅力を感じる。
  • 狭い場所での作業が多い。
  • パソコンの置く場所を頻繁に変えて作業する。

場合には、無線マウスが使いやすいでしょう。

Logicool ロジクール M585GP マルチデバイス マルチタスクマウス グラファイトコントラスト FLOW機能 Bluetooth接続 USB接続 Windows・Mac対応
  • 電池代がもったいない。
  • 電池切れの心配をしたくない。
  • 安定した動作を望む。
  • 長時間操作しても疲れにくい。
  • パソコンの置き場所がほぼ決まっている。

場合には、有線マウスが良さげです。

サンワサプライ 有線IR LEDマウス(ダブルクリックボタン付き) レッド MA-IR125R

ここまで散々比べておいてなんですが、無線と有線の両方を持っているのが一番便利かなと思います。

今回の記事内容を参考に、自分にとって相性の良いマウスを見つけられるとよいですね。

>>【関連記事】:PCマウスの性能はどこまで違う?読み取り方式の種類と特徴