PC電源ユニット80PLUS認証の意味とランクの違い

パソコンを組み立てるときに必須のパーツが電源ユニット。電源ユニットを買おうかなと商品を調べていると、「80PLUS」というマークが頻繁に出てくることに気づくでしょう。

80PLUS認証がある電源ユニットは省エネなので、選ぶ価値があります。

電源ユニットを購入するときのために、80PLUS認証について理解を深めておきましょう。

80PLUSってなんだろう?

「80%以上の電力変換効率を満たしている電源ユニットだよ」

そんな感じの認証です。海外の認証団体が審査を行い、合格したものに対して与えられます。

省エネ性能の高い電源ユニットのお墨付きがついている、商品の目安みたいなものです。

スポンサーリンク

電力変換効率を気にする理由って?

パソコンをはじめとする家電は、家庭のコンセントから電気を供給して動かします。

家電の多くは「直流電圧(DC)」で動いていますが、コンセントから送られてくる電流は「交流電圧(AC)」なので、このままだと使えません。

電気を使えるようにするには、家電の電源ユニットや電源アダプターの内部で交流ACから直流DCへと変換作業を行います。

この変換作業が行われるときに、電気の量が減ります

コンセントから流れてきた100の量の電気が、変換後に50の量になってしまう感じです。

元々あったはずの100の内、50の電気がパソコンを動かすのに使われるのではなく、ただ変換するだけで消費されるということです。

すごくもったいないですし、省エネだなんて呼べる代物ではありません。

しかし、変換効率の高い電源ユニットを使えば、変換時に失われる電気の量を抑えることができます。

元の電気の量が100の場合に

変換効率50%なら50の電気

が無駄に失われますが、

変換効率80%なら20の電気

が無駄に失われるだけで済みます。

とはいっても、電源ユニットを見ただけでは変換効率がどうなっているのかなんてまったくわかりませんよね?

見た目だけでは変換効率のよくわからない電源ユニットでも、80%以上の高い変換効率の持った電源ユニットであることを素人でも理解できるのが80PLUS認証のメリットなんです。

80PLUSのランク別に見た変換効率

電源ユニットの80PLUS認証にはランクが存在します。下はスタンダード(80PLUS 無印)からはじまって、チタニウム(80PLUS TITANIUM)が最も高いランクに位置します。

パソコンの電源に負荷がかかっている状態のときに、80PLUSのランクごとでどのくらいの変換効率を実現するかについては、以下の表を参考にしてください。

電源負荷率
80PLUSランク↓ 出力20% 出力50% 出力100%
STANDARD 80% 80% 80%
BRONZE 82% 85% 82%
SILVER 85% 88% 85%
GOLD 87% 90% 87%
PLATINUM 90% 92% 89%
TITANIUM 92% 94% 90%

3段階の電源負荷率(20%、50%、100%)に対し、各ランクの変換効率を細かくあらわしています。同ランクで比較すると、3~4%くらいの小さな差といったところ。

ユーザー側が電源の負荷率を自由自在に操るのはまず無理なので、ランクが高いほど効率が良いんだな程度のアバウトな認識で十分だと思います。

変換効率が高い電源ユニットを使うメリット

電気代が安くなる

変換効率が高いほど無駄に失われる電気の量が減ります。無駄なくパソコンを動かせますから、その分だけ消費する電気が少なくなり、電気代を節約できるわけです。

発熱を抑える

電気を使えば使うほど、熱の量が増えます。電気が流れるときに摩擦が起こるからです。変換効率が良ければ無駄に使う電気の量が自然に減りますから、摩擦も減って発熱量が下がると言えるわけです。

パソコンは熱に弱い電化製品なので、熱くなりすぎるとパーツが壊れたり、パフォーマンスを維持できなくなったりします。変換効率の良い電源ユニットで発熱を抑えれば、これらの問題を防ぐ効果を期待できるでしょう。

音が静かになる

パソコンの熱はトラブルの原因になるため、熱を冷ます機能が搭載されています。その冷却機能で定番なのがファンです。扇風機の羽のような形状をしていて、くるくる回りながら風を起こして熱を逃します。

冷却用のファンが回るときに「ブーン」という音が発生するため、騒音の元になるのが少し厄介です。変換効率の良い電源ユニットなら発熱量が少ないので、ファンの回転音が減ります。静かな環境で快適にパソコンを使いたい場合にメリットがあります。

寿命が延びるかも

無駄な電気を作り出す力が少なく済み、熱も抑えられるので、それだけ電源ユニットの負担が減ります。電源ユニット内部のパーツを劣化から守れる感じですね。

パーツの劣化が緩やかであれば寿命も延びます。長く高性能な状態を維持しやすくなり、電源ユニットを新しいものへ買い替えるコストを減らせる可能性を期待できるでしょう。

但し、電源ユニットの寿命についてはパソコンの使い方や商品の当たり外れが大きく関係します。変換効率の高いランクのものなら低いランクのものよりも壊れにくいとは一概に言えません。

高負荷でパソコンを使うなら高ランクがおすすめ

電源ユニットの電力変換効率の良さは、パソコンで使用する電気の量が多いほどメリットが大きくなります。

パソコンが要求する消費電力が200Wと400Wで比較するなら、400Wのほうが圧倒的に比率の影響が大きくなるからです。

  • 200Wで変換効率50%:100Wの無駄
  • 200Wで変換効率80%:40Wの無駄

200Wの電力だと、その差は60Wですが、

  • 400Wで変換効率50%:200Wの無駄
  • 400Wで変換効率80%:80Wの無駄

400Wの電力だと、その差は200Wの場合の2倍、120Wに広がります。

最大消費電力の大きなPCパーツは?

PCパーツの中でも最大消費電力が大きいのは「グラフィックボード(ビデオカード)」です。1個で100Wを軽く超えるものが多く出回っています。次いで「CPU」が大きめです。

その他のパーツについては、搭載する数が少なければそこまで大きな電力を使いません。注意するならグラフィックボードとCPUの2つですね。

なので、電気をたくさん使うグラフィックボードの性能を高く引き出したいパソコンを使いたいなら、ある程度高ランクの80PLUS電源ユニットを選ぶのが安心です。

普段からパソコンをどのように使っているのか

パソコンにグラフィックボードを積んでいるだけなら大した問題にはなりません。グラフィックボードやCPUに高負荷をかけるパソコンの使い方をしている場合に注意すべきです。高解像度設定のパソコンゲームや、高画質の動画編集をやる場合に当てはまります。

とはいえ、家電の電力消費量なんてたかが知れています。

最大消費電力の状態で使うシーンは少ないでしょうから、神経質にやたらと高ランクの電源ユニットを選ばなくても大丈夫だと思います。

24時間フル稼働で、ガンガンに電気を使いつつ高負荷をかけまくる工業用の機械なんかじゃありません。そんなに電気を使うパソコンなら、電源ユニット以外のパーツも相当丈夫なものを選ばなくては耐えられないでしょう。

その程度のものだと理解して、PCパーツの合計W数よりも余裕のある、そこそこの80PLUSランクの電源ユニットを選べば良いんじゃないかなと。この選び方なら、コストパフォーマンス的にも幸せになれそうです。

グラフィックボードを利用しない、最低限の構成のパソコンならほとんど気にしなくて大丈夫です。80PLUS認証付きであれば、中程度より下のランクでも全然問題ないでしょう。

>>【関連記事】:PCの電源ユニットは高品質&高価なものを選ばなくたって問題なさそう

電源ユニットの寿命は平均して3~5年と言われています。3年を迎えたらそろそろ交換時だと覚えておき、購入資金の準備をはじめておきたいですね。