スマホのフリック入力が苦手?PCに慣れている人が試したい入力モード

スマホで素早く文字打ちができると評判の「フリック入力」。

従来の携帯電話(携帯打ち・トグル入力)とは違う、このフリックという文字打ちのやり方。おすすめされているけど、苦手にしている人もいるんじゃないでしょうか?

実は自分もフリックによる文字打ち、すごく苦手です

フリック入力をたくさん練習して、上手くなりたいと思ったこともありました。

でも、今はやめています。ならば従来の携帯打ちをやっているのか?といえばそれも違います。

自分が選んだのは「ローマ字入力のキーボード」。

パソコンのキーボードに慣れている人なら、スマホの文字打ちをローマ字入力に変えてしまうのもおすすめです。

スマホのキーボードをローマ字入力に切り替える手順

ローマ字入力を選んだ理由についてグダグダ聞くよりも、早く設定について知りたい人が多いでしょう。なので、先に手順を説明します。

理由については記事の後半部分でどうぞ。

キーボードを追加する

iPhoneで説明します。Androidは詳しくないので教えられませんが、似たような設定があればそこから変更してみてください。

iPhoneの設定アプリを開き、「一般」の項目を選びます。

iPhone 設定 一般

一般の画面をスクロールして「キーボード」の項目を見つけてタップ。画面の上の方にある「キーボード」の項目をタップしましょう。

キーボード画面内にある「新しいキーボードを追加…」を選択。

iPhone 設定 新しいキーボードを追加

推奨キーボードの欄に「日本語」があるので、そこをタップ。次の画面の「ローマ字」にチェックを入れたら、画面右上の「完了」をタップしてください。

iPhone 設定 キーボード 日本語

入力モードを切り替える

実際に文字を打つときの、入力モードを切り替える手順です。

あかさたな…」配置の入力モードは携帯打ち用です。これをローマ字キーボードへ変えるには、地球儀のようなアイコン部分をタップします。

iPhone キーボード 携帯打ちモード

絵文字が出てくるようなら「ABC」の部分をタップしてください。(入力モードの並び順によっては「ABC」ではなく、「あいう」になっている場合があります)

iPhone キーボード 絵文字

キーボードの下の方に「space」や「return」と書かれたキーが出るなら、これは「英字モード」の状態です。アルファベットを打ち込むときに使う入力モードですね。

ローマ字入力モードではないので、さらに地球儀アイコンをタップ。

iPhone キーボード 英字モード

spaceキーが「空白」、returnキーが「改行」に変わっていればオッケーです。日本語のローマ字入力ができるモードになりました

iPhone キーボード 日本語ローマ字入力モード

キーの配置を見てください。パソコンの標準的なキーボードとほぼ同じだと思います。ポチポチ押して、日本語入力を試してみましょう。

「おっ、フリックや携帯打ちよりもスムーズ!」と感じたなら、相性抜群。この入力モードをメインに使ってみてください。

iPhoneの設定アプリでは、「余計な入力モード(キーボード)の削除や並び替え」もできます。詳しくは「スマホiPhoneのキーボード切替を快適にする設定の小技」を参考にしてみてください。

ローマ字入力のキーボードに変えた理由

手順の説明が終わったので、ここからはフリック入力からキーボードのローマ字入力に変えた理由について書いてみます。

文字の配置を覚えられない…

フリック入力では以下の画像のように、「あ段(あかさたな…)」を起点に十字方向へ各文字が配置されます。

iPhone キーボード フリック入力

選択したい文字方向へ指をスライドさせるだけで、素早く打ち込めるのがメリット。しかしこの十字の配置、わかってはいるんだけどなかなか覚えられないんですよね。

いつも指を動かす方向に迷ってしまいます。たぶん、頭でキーの配置を思い出そうとするのが悪いんでしょう。

感覚的に動かせるようになるまで、何度も練習するしかなさそうです。

そもそも自分はパソコンばかり使っている

今の時代はスマホが主流なんでしょうけど、自分の場合、スマホよりパソコンの使用時間のほうが圧倒的に長いです。

スマホは予定をチェックしたり、軽く調べ物をしたりするくらいでしか使っていません。毎日短時間の利用なので、そもそも文字打ちをする機会がない。

とはいえ、スマホで文字打ちをしなければならない場面というのは当然あり、その都度フリック入力にイライラしながら作業しているという感じでした。

パソコンのローマ字入力が心地よい

そんなある日、「パソコンのローマ字入力キーボードに慣れているなら、スマホの文字打ちも同じやり方に変えればよいのでは?」と思いついたわけです。

さっそく変えてみたら、サクサク入力できるではないですか…!

「もうこれでいいや(´・ω・`)」ってなわけで、フリック入力を覚えるのはやめました。

きっと、パソコンのキーボードの配置にある程度慣れているからだと思います。

フリックに憧れるがどうも苦手、かといって携帯打ちもちょっと違う。パソコンのキーボードはよく使うなんて自分のような人がいれば、ローマ字入力ができるキーボードへ設定を変えてみると良いかもしれませんね。

フリック入力にこだわらなくても良いのでは?

スマホの文字の打ち方なんて何でも良いんです。自分にあった文字打ちのスタイルさえ見つかれば。

昔の携帯は文字打ちの方法がほぼ決まっていたので、それに従うしかありませんでした。でも、スマホにはいろんな種類の入力モードが用意されています。

フリックなら素早く文字が打てると世間で評判でも、なにか理由でもなければ無理に覚える必要なんてないと思います。

せっかくスマホがローマ字入力のキーボードも用意してくれているんです。慣れた入力モードをありがたく使わせてもらいましょう。