Local by FlywheelのWordPressを日本語化。英語が苦手でも大丈夫

フリーソフトの「Local by Flywheel」さえあれば、WordPressのローカル環境をいとも簡単に構築できます。

ただし、このソフトは海外製です。WordPressを開くと英語ばかりの画面になってしまうんですよね。

簡単な英語さえわからない自分に、Local by Flywheelなんて使いこなせそうにない。

そんな風に思ってしまうかもしれません。

でも大丈夫。英語がわからなくてもすごく簡単に日本語化できますから、ぜひやってみましょう。

Local by FlywheelのWordPressサイトにログイン

Local by Flywheelのダウンロードやインストール方法については別記事で紹介済みです。

導入していない場合、以下の関連記事を参考に始めてください。

>>【関連記事】:ローカルでWordPress!Local by Flywheel導入手順

インストールが完了してローカル環境のブログができたら、Local by Flywheelの管理画面を見てみましょう。

画面の右上付近に「ADMIN」というボタンが見つかります。

Local by Flywheel adminボタン

このボタンをクリック。

おなじみのWordPressログイン画面です。

WordPress管理画面 英語版

レンタルサーバーでインストールできるWordPressならはじめから日本語ですが、Local by Flywheelだと全部英語表記のWordPressがインストールされます。

とはいえ、ログイン方法は日本語版も英語版も共通です。難しく考えなくて大丈夫です。

画面上のUsername or Email Addressの枠に「ユーザー名」を、Passwordの枠に「パスワード」を入力します。最後に下のLog Inボタンをクリック。

ここでいうユーザー名とパスワードとは、Local by Flywheelで新サイトを作った際に決めたものです。

「そんな設定、忘れた」という場合は少し面倒ですが、Local by Flywheelで新しいローカルサイトをもう一度作り直してください。その際には今度こそユーザー名とパスワードを忘れないでおきましょう

ログイン情報を忘れてしまった新サイトが邪魔に感じるなら、削除しましょう。Local by Flywheel管理画面の右側にある、該当サイト名を探します。

そのサイト名の上で右クリックし、一番下のDeleteを選択すればサイト登録を削除する画面が登場します。

Local by Flywheel管理画面のサイト名を右クリック

この時に、作ったサイトのデータをフォルダごと跡形もなく消したいなら「Move site files to recycling bin」にチェックを入れ、DELETE SITEをクリックしてください。

Local by Flywheelのサイトのファイルを削除するか?

そのサイトのWordPress関連ファイルやデータベースの内容まで削除できます。

広告
NEC Direct
LAVIE Direct N15(R) 15.6型ワイド AMD Ryzen ハイスペックノートPC

WordPressの管理画面で日本語化する

ログインすると、WordPressの管理画面を操作できます。当然ながら、すべて英語です。このままでは使いにくいので、さっそく日本語化にチャレンジ。

画面左のメニューから「Settings」の文字を探します。

WordPress英語版 Settings

SettingsをクリックするとGeneralの画面が開きます。ローカルサイトのサイト名やURLなどを設定する画面です。

下の方に移動して「Site Language」の項目を見てください。Englishになっていると思います。

Englishをクリックしてあらわれるドロップダウンリストから「日本語」を探して選択します。この設定により、日本語化が可能です。

続いて時間の基準も変えておきましょう。項目「Timezone」のドロップダウンリストから「Tokyo」を見つけます。

いっぱい項目があるので少し探しにくいですが、頭文字のTを目安に探せば見つけやすいかと思います。

WordPress英語版 言語と時間の設定

設定を変更したら最下部の「Save Changes」と書かれたボタンをクリックしましょう。するとおなじみの日本語画面に切り替わります。やれやれ一安心。

これでようやく、ローカル環境のWordPressで思う存分作業できますね。

WordPressを日本語化した後の作業は?

左メニューのダッシュボードから更新を選び、WordPressの最新版が出ていないかチェックしてみます。更新のお知らせが届いていたなら指示に従って、最新版へ切り替えておくことをおすすめします。

すでに本番環境のWordPressサイトがあるなら、そちらの設定に従ってパーマリンク、テーマ、プラグインなどを整えておくとテストしやすいです。

本番環境で使っているテーマやプラグインをローカル環境へ素早く構築する手段については、「WordPress本番環境からローカル環境へテーマとプラグインを反映させる」を参考にしてみてください。

また、本番環境はこれから作る予定で、Local by Flywheelのローカル環境で先に新サイトを作ってテストする、なんて使い方でも構わないでしょう。むしろこっちの使い方が一般的かも。

Local by Flywheelで作ったローカル環境のサイトなら、ネット上に公開されません

実験的なサイトを何度でも自由に作りたい放題です。重宝しますよ。