体に良いとは言い切れない?グレープシードオイルに多い不飽和脂肪酸のリスク

近年オリーブオイルがやたらと注目されていますけど、油に含まれる不飽和脂肪酸が体に良いと言われているからなんでしょう。歳を取るほど健康管理が気になってきますしね。

ならば何でもかんでもオリーブオイルを使えば良さそうですが、「やや青臭い香り」を持っているので万人向けとは言えないかもしれません。

あの独特の強い香りで、食材によってはオリーブオイルの風味に負けてしまう場合もあるんです。

オリーブオイルの青臭い香りが苦手、でも体に良い不飽和脂肪酸を摂取したい!という人でも使いやすい油がグレープシードオイル

我が家でも普通に使っていまして、この前自宅でアヒージョを作ったときにグレープシードオイルでやってみたんですが、オリーブオイルとはまた違った上品な美味しさで、ぺろりと平らげてしまいました。

この油も不飽和脂肪酸をたっぷり含んでいますし、てっきり体に良いものだと思い込んでいたんですが…。

グレープシードオイルに含まれる不飽和脂肪酸の摂り過ぎには、少し注意が必要みたいです。

不飽和脂肪酸のリノール酸は体に悪いものだった?

グレープシードオイルとは、ブドウの種から作られた食用油です。油分なのにさっぱりした口当たりとほぼ無臭なのが特徴。

味については申し分ない油なんですけど、含まれる栄養成分にちょっと気になる点が見受けられます。

グレープシードオイルに含まれる不飽和脂肪酸には、体内のコレステロールを減らす働きがあります。

コレステロールを減らす体に良い油のはずなのに、どうして気になる点があるのか?なんですが、理由はグレープシードオイルに含まれる「不飽和脂肪酸の種類」です。

グレープシードオイルに含まれる不飽和脂肪酸の大半がリノール酸。オレイン酸も微量ながら含まれます。

リノール酸もオレイン酸も、悪玉コレステロールを減らす働きがあるんですが…。

しかし、問題となるのがリノール酸。

少量なら大丈夫なんですけど、多く摂りすぎると善玉コレステロール「まで」減らすと言われています。

高血圧・動脈硬化・心筋梗塞などのリスクを高める悪玉コレステロールを減らしてくれるのが善玉コレステロール。リノール酸は悪玉だけでなく、善玉のコレステロールまで減らしてしまうのが欠点です。

また、現代の日本人の食生活ではリノール酸を含む食品を日頃からよく食べています。

オメガ6系のリノール酸は、菓子、パン、マヨネーズ、カップ麺、総菜など加工食品やファストフードに含まれる。こうした「見えない油」が、知らず知らずのうちに摂取過多を招く。

引用元:油のタイプ知り上手に摂取 リノール酸の取りすぎ注意|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

このような食生活の中でリノール酸をたっぷり含むグレープシードオイルをたくさん摂ってしまうと、過剰摂取の可能性が高まるというわけです。

グレープシードオイルに含まれるリノール酸の量は多い

リノール酸とオレイン酸の2種類に限りますが、各脂肪酸の割合は以下のとおりです。

名前 リノール酸 オレイン酸
グレープシードオイル 約65% 約17%
オリーブオイル 約8% 約70%

上のデータはおおよその数字です。若干前後します。

グレープシードオイル10mlなら、そのうちの6.5ml前後がリノール酸。半分以上がリノール酸で出来ている油、ということです。

もっと細かいデータを知りたいなら、以下の日清オイリオのページがわかりやすいかと思います。

>>植物油のヘルシー成分(リノール酸)|植物のチカラ 日清オイリオ

>>植物油のヘルシー成分(オレイン酸)|植物のチカラ 日清オイリオ

リノール酸の摂り過ぎが心配ならオリーブオイルがおすすめ

一方、オリーブオイルに含まれるリノール酸の割合は低め。オレイン酸が70%を占めます。

オレイン酸も悪玉コレステロールを減らしますが、善玉コレステロールまで減らすという話は今のところ聞かれません。

なので、リノール酸の体への影響が気になる場合、オリーブオイルを使いましょう。亜麻仁油・えごま油も良いですが、これらは熱に弱いです。加熱調理ならオリーブオイルがおすすめ。

油を大量に使うアヒージョを作るときも、オリーブオイルを使えば安心して食べられそうですね。

先程チョロっと書いた亜麻仁油・えごま油ですが、α-リノレン酸というまた別の不飽和脂肪酸を含んだ食用油です。亜麻仁油・えごま油の体への影響&使い方の注意点などの記事をアップしていますので、興味があるなら合わせて読んでみてください。

過剰反応は禁物

リノール酸の悪い面ばかり知ると、グレープシードオイルなんて1滴も使いたくないと思ってしまいそうです。

しかし、リノール酸は人にとって必要な不飽和脂肪酸です。体内で作ることができない脂肪酸なので食べ物から摂取するしかありません。

必須の栄養素であるリノール酸を「完全に断ち切る!」といった極端な考えはやめましょう。

それに栄養成分の人に対する影響については研究結果次第でコロッと変わってしまうこともよくありますし、今のところ国から「グレープシードオイルなんて危険だから摂取しちゃダメ」という発表も聞かれません。

摂り過ぎなければ、普通に食べて大丈夫です!

普段はオリーブオイルを使って、たまにグレープシードオイルで調理し、その風味の違いを楽しむといった使い方なら安心できるんじゃないでしょうか。

それに、オリーブオイルなら絶対安全とも言い切れません。どんなものでも食べ過ぎには気をつけろってことですね。

しつこさがなく食材の風味を引き立てるグレープシードオイル

ここまで読んでグレープシードオイルに恐怖感を抱いてしまった人もいると思いますが、存在自体はとても美味で、おすすめの食用油なのは確かです。

油で食材を煮るアヒージョとの相性も抜群。直接油を食べる感じの料理なので、グレープシードオイルのようにしつこくない後味の油だと、後を引くように食べられると思います。

ほぼ無臭なおかげで、やや青臭い香りのオリーブオイルが苦手な人でもこれならいけるでしょう。

食材の味を壊さず、肉や魚、野菜など、あらゆる食材との相性が良いです。チャーハンやピラフ、揚げ物にも普通のサラダ油で作るよりモッタリ感がなく、美味しく感じられると思います。

ぜひ試しに使ってみてください。

グレープシードオイル