Gmailのラベル整頓に使える!入れ子(ネスト)と色を変える方法

Gmailの受信トレイに大量のメールを突っ込んでおくより、ラベル機能を用いるとスッキリまとめることができます。

また、ラベルには「入れ子(ネスト)機能」と「色を変える機能」が用意されています。これらの機能を使いこなせば、もっとメールの整理整頓がしやすくなるでしょう。

基本的な入れ子のやり方、そして色を変える方法と、管理しやすくするちょっとしたコツなどを解説してみます。

Gmailのラベルを入れ子(ネスト)でまとめる

「入れ子」とは、まず親となる入れ物を作って、その中に子に該当する物を収納するようなイメージです。

Gmailのラベルには入れ子(ネスト)機能が標準で付いています。

たくさんのラベルを作ったとき、画面左側メニューに増えすぎたラベルをすっきりまとめて表示できるのが便利です。ぜひ活用しましょう。

この機能を利用する前に、ラベルの基本的な作り方を知っているとスムーズに作業できます。「Gmailの受信トレイにため込まない!ラベルでメールを整理整頓」で作り方を公開していますので、参考にしてみてください。

新しく作るラベルを子ラベルにする方法

例として、すでに作成済みのラベル「果物」を親にし、その中に「リンゴ」という子ラベルを新しく作ってみます。

新しいラベルを作る画面です。入力欄の下にチェックボックスとプルダウンメニューがあります。

Gmail ラベル新規作成画面

今回新しく作るラベル「リンゴ」は子ラベルとして作りたいので、「次のラベルの下位にネスト」のチェックボックスをクリックしてオンにします。

チェックボックス下のプルダウンメニューを開くと、すでに存在するラベルが一覧で表示されます。その中から親ラベルにしたい「果物」を選びましょう。

Gmail プルダウンメニューから親ラベルを選ぶ

最後に作成ボタンを押せば完了です。

Gmailの画面左側にあるメニューを見ましょう。入れ子になったリンゴのラベルが表示されているはずです。

Gmail ネストの結果

実は上で説明したものより、もっと手早く入れ子にする方法が存在します

Gmail画面左側のメニューにある、親にしたいラベルにカーソルを合わせてみます。そのときに表示される、右端の3つの点が縦に並ぶアイコンをクリック。

「サブラベルを追加」の項目を選ぶと、自動的に親ラベルが選択された状態で新しいラベル(子ラベル)を作る画面があらわれます。

Gmail サブラベルを追加

プルダウンメニューから親ラベルを探す手間がないので、こっちの方法を積極的に利用するのが良さそうですね。

既存のラベルを子ラベルにする方法

例として、すでに作成済みのラベル「ねこ」を、同じく作成済みのラベル「動物」の子ラベルにしてみます。

ラベル「ねこ」にカーソルを合わせると、右側に3つの点が縦に並ぶアイコンがあらわれます。このアイコンをクリック。

Gmail ラベルを編集

「編集」の項目を見つけてクリックしましょう。

Gmail 親ラベル「動物」を選択

ラベル名の部分はそのままにして、下のチェックボックスにチェックを入れます。プルダウンメニューから親ラベルの「動物」を選び、保存ボタンをクリック。

Gmail ラベル編集の結果

動物ラベルの配下に「ねこ」を入れることができました。

スポンサーリンク

ラベルの色を変える

標準のラベル色は濃いめのグレーですが、この色を変えるとラベルの見分けがつきやすくなって便利です。

基本のやり方

画面左側のメニューから、色を変えたいラベルにカーソルを合わせます。右端に表示されるアイコンをクリックしましょう。項目の中から「ラベルの色」を見つけ、カーソルを合わせます。

Gmail ラベルの色

いろんな色のアイコンが出てきましたね。この中から好きな色を選んでクリック。

Gmail 白抜き文字のラベル

文字が白抜きのアイコンを選ぶと、ラベルの文字も同じく白抜きに変化します。

見やすい色を自由に選んでみてください。

既存の色とは別のものを選びたい場合

違う色をつけたいなら「カスタム色」を作ってみましょう。

Gmail ラベル カスタム色を追加

カスタムと表示されていますが、自由に好きな色を作れるわけではありません。Gmailが用意するパレットから選んで、元々用意されている色とは違うものへ変えたいときに使います。

背景色と文字色の組み合わせが可能です。

Gmail ラベルカスタム色 背景色と文字色

文字の読みやすい組み合わせにするのがコツです。プレビューを見ながら、ちょうどよい色を見つけてみましょう。

親ラベルの色を子ラベルにも反映させる

親ラベルと子ラベルの色を統一したい場合に便利な方法です。

まず、親ラベルの「ラベルの色」から好きな色を選択しましょう。すると「複数のラベルの色を変更」という画面が出てきます。

Gmail 複数のラベルの色を変更

『ラベル「親ラベル名」とそのサブラベル』の項目にチェックを入れた後、色を設定ボタンをクリックします。

Gmail 入れ子ラベルの色を統一

一気に子ラベルまで色が変化しました。

子ラベルそれぞれに違った色をつける

上ですでに紹介した「基本のやり方」と同じです。好みの色に変えたい特定の子ラベルを選んで作業するだけです。

親ラベルと子ラベルの色を揃えると判別しやすい

Gmailのラベル色を変える方法を覚えた後、ついあれもこれもと、あらゆるラベルの色を変えたくなるかもしれません。

ただ、メールの分類をわかりやすくしたい場合、親ラベルと子ラベルの色は統一するのが良いと思います。

色が分散すると画面がゴチャつき、まとまりがなくなってしまうからです。

親と子のラベルが同じ色ならどんな内容のメールであるかが一目瞭然で、Gmailの管理がぐっとラクになりますよ。

並び替えのテクニックと組み合わせる

ラベルを入れ子にしたら、ラベルの並び替えにもチャレンジしてみてください。探しやすさがアップします。

Gmailのラベルを自由に並び替える方法については、「Gmailのラベルを自由に並び替え!自動の仕組みを逆手に取るテクニック」を参考にどうぞ。

さらにラベルの色を変える方法を取り入れればバッチリですね。

メールにラベルをくっつけるだけで留まるのではなく、一手間加えて使い勝手のよいGmailに進化させてみましょう。