アサシンクリード ヴァルハラのプレイ印象:戦闘の仕組み

現在プレイ中のアサシンクリード ヴァルハラ(PS4版)について。

前回はストーリーや人物などの雰囲気について語りました。今回はバトルシステムです。実際にプレイしてみて思ったこと感じたことを紹介します。

バトルの難易度

アサシンクリード ヴァルハラでは、バトルの難易度調整が可能。4段階用意されています。

(簡単)スカルド<ヴァイキング<バーサーカー<ドレングル(難しい)

アクションが苦手な自分は最も低難度の「スカルド」でプレイしていますが、結構ヌルいです。さすがに強い相手には油断していると負けそうになるものの、今のところ一度も倒されていません。そのくらい簡単。

「とにかく早くストーリーを追いたい」

「アクション苦手だけどプレイしたい」

そんな人にとってありがたい難易度かもしれません。

難易度はプレイ中、いつでも変更可能。おかげで難易度設定を間違えても安心してストーリーを進められます。

広告
あみあみ Yahoo!店
ねんどろいど NieR:Automata 2B(ヨルハ二号B型)[スクウェア・エニックス]

基本的な攻撃の手段

斧の他、大剣・槍などの近接武器を振って戦います。遠距離武器は弓が基本。は防御の他、攻撃手段として使うことも可能。

縛りはほとんど無し。好みの武器を使えます。

  • 近接武器:弱攻撃R1ボタン、強攻撃R2ボタン
  • 弓など遠距離武器:構えL1ボタン、放つL2ボタン
  • 防御などのアクション:L1ボタン

鎖の先に刃がついた連接棍といった武器も存在しますが、動きに癖あり。扱うには慣れが必要です。

弓で狙いを定めると画面に照準が表示されます。相手に合わせて照準が赤くなればヒット可能な状態。ヘッドショット(頭を撃つ)なら大ダメージを与えられます。

自分の場合、近接武器に斧ばかり使っていますけど、「弱攻撃」でも振ったときのモーションが結構大きいです。むやみにボタンを連打するより、振りのモーションがある程度終わってからボタンを押すと、スムーズな連撃ができる感じ。

R2ボタンで繰り出せる「強攻撃」はダメージ大な一方、モーションがかなりもっさりしていて、スキが大きくなりがちです。そのスキにカウンターを喰らいやすいため、相手の動きをよく見て、ここぞというときに繰り出すのが良いかもしれません。

低難易度のプレイだと通常の弱攻撃だけでも倒せる場合が多いので、自分はあまり強攻撃を使っていません。気が向いたときに使う程度。

弓は結構強力なイメージ。戦闘の他、物を壊すときにも便利で、使う機会が多いですね。

ただ矢のストックが有限なため、無くなったら拾うか買わなければなりません。でもまあ拾うだけでも十分足りるかな。

暗殺による戦い方

相手に気づかれないようこっそり近づく、ステルス行動で繰り出せる攻撃。

左手に暗殺用の武器が常にセットされており、武器の付替え作業は不要です。

背後や頭上から相手に近づくと、「暗殺する(R1ボタン)」が画面に表示。そのタイミングでR1ボタンを押すだけ。普通の敵なら大抵一撃で倒せます。

相手が強い場合は一撃で倒せないため注意。暗殺が他の敵に気づかれてしまうと、その敵が近寄ってきたり戦闘態勢になって襲ってきます。できる限り見つからないよう行動するのが基本です。

また、暗殺のステルス行動についても、通常バトルとは別に難易度調整できます。

(簡単)アプレンティス<アサシン<マスターアサシン(難しい)

こちら側が戦闘態勢になると暗殺はできません。ただし、左手(副手)に何も装備していなければ、暗殺武器を使えます。L1ボタンを長押しで可能。

また、敵が攻撃を繰り出すタイミングでL1ボタンを押せば、暗殺武器によるカウンター攻撃が可能です。

1人で敵陣に潜入するとき、味方と総攻撃する前に敵の数を減らしておきたいときなどに暗殺が活躍してくれそうですね。

大勢の味方がいるなら近接武器をぶん回して戦ったほうが手っ取り早いんですけど、あえてステルスプレイを選ぶのもなかなか楽しいですよ。

特殊な技:アビリティ

ストーリーがある程度進むと使えるようになる技です。

アドレナリン(黄色いゲージ)が溜まった状態で、L1もしくはR1と同時に○×△□各ボタンで発動可能。攻撃を当てたり、キノコを食べたりすればアドレナリンを溜められます。

○×△□の各ボタンに、好きなアビリティを付けられます。L1の遠距離系、R1の近接系にそれぞれセットできる仕組みで、常に8種類のアビリティをセット可能です。

  • ジャンプ攻撃で大ダメージを与える
  • 同時に複数の敵に対して矢を放つ
  • 毒攻撃を繰り出す

…など、色々な技が用意されています。

アビリティは「知識の書」により会得。知識の書は各地に散らばっており、探し出して取得します。

敵の特徴と弱点

「片手剣の敵」「両手武器の大きな斧を振り回す敵」「盾を持つ敵」など、様々な種類の敵が存在します。

各敵には癖があるので、見極めながら攻撃を当てたいところ。

  • 片手武器は攻撃の威力が弱い一方、小回りの利く敵が多い。
  • 両手武器は動きが大きい代わりに一撃のダメージが大きく、体勢を崩されやすい。
  • 盾を持つ敵はガッチリ防御するため、攻撃を当てにくい。
  • 弓の敵は遠距離からチクチク攻撃してきて鬱陶しいが、近距離なら基本弱い。

敵の弱点はメニューの辞典にある「データベース」で読むことが可能。「槍を持つ敵は側面が弱点」など、色々書かれていて勉強になります。

低難易度ならゴリ押しでも何とかいけちゃいますけどね。

攻略難易度の高い場所を知る

訪れることのできるすべての地域に、「推奨戦闘力」というものが存在します(メニューのマップ「ワールド」で確認可能。一部の敵にも、この情報があるケースが存在)

主人公エイヴォルの戦闘力と関係があって、特に推奨戦闘力が赤く表示される地域は攻略難易度が高め

敵の強い地域の攻略が難しいと思うなら、現在の実力とあまり差のない推奨戦闘力の地域から攻略するのが無難です。

エイヴォルの戦闘力はスキルを覚えれば覚えるほど高くなります。スキル取得に必要なスキルポイントは、イベントや戦闘をこなすごとに取得可能。

イベント体験と同時にキャラ強化できるので、戦いを繰り返して経験値を積むだけのシステムよりも飽きにくいと自分は思いました。

以上、アサシンクリード ヴァルハラのバトルの仕組みについてはここまで。またネタが思いついたら、今後も記事を公開する予定です。

アサシン クリード ヴァルハラ – PS4